稼いで飲んで旅をする

アラフォー独身女性(一人暮らし)が綴る貯蓄、投資、ワイン、旅行の話


大人の女性が久しぶりに海外旅行をする時に気をつけたい3つのこと

f:id:claireblog:20181201200753j:plain

「20代の頃はいろんなところに海外旅行に行ったけど、結婚・出産・仕事と人生の転機を迎えて、旅行はしばらくお休み。でも少し落ち着いてきたから、そろそろまた旅行したいな」

そんな大人の女性が久しぶりに海外に旅行するって素敵です。

 

でもちょっと待って!

そのスケジューリング、無謀じゃない?

 

20代の時は時差ボケなんて感じなかったし、到着してすぐでもお腹が空いてた私ですが、あれから10年以上経ったら「あれ?眠い。しかもさっきまでお腹空いてたのに、今は全然食べれない」みたいなこと、結構ありました。

 

30代後半~アラフォー世代の皆さん!今だからこその旅の楽しみ方があるんですよ、ってこと、声を大にしてお伝えしたいのです!

 

 

飛行機での過ごし方

f:id:claireblog:20181101225150j:plain

昔は時差ボケなんて感じなかったのは自分がそういう体質だったからではなく、きっとただ単に若かったから、だけだったんですね。「私は平気だし~」とか余裕でいたら、痛い目にあいました…。

時差ボケを防止する為に、飛行機に乗ったら、まず時計を到着地の時刻に合わせます。機内では到着時の時刻に合わせて過ごします。

フライトはできれば夕方や夜に到着する便を選ぶと、到着してホテルに入ったらすぐに休息できるので、とても楽です。



食事のこと

2018-10-24_20-41-50_551

例えば私が訪問した食の国フランスでは、ディナーの時間となる19時〜21時頃、日本時間は夜明け〜早朝に当たります。時差ボケをしていたら、こんなに朝早くボリューミーなフレンチはなかなか食べられないですよね…。

もし旅の記念として星付きレストランを予定するなら、できれば旅の後半、体が現地時間に慣れて来てからに設定することをオススメします。

旅の前半なら、記念のお食事はランチで頂くのはいかがでしょう?これまたフランスの場合ですと、ランチの時間は日本時間でちょうどディナーの時間に当たるので、胃腸をビックリさせることなく、お食事を楽しむことができます。

 

ホテルのこと

2018-10-25_11-06-28_235

節約のために安い宿を選んだあの頃…。どんなベッドでも疲れが取れたのは若かったからです。大人の旅。一番お金をかけるべきはホテルだと断言します。

 

理想はゆったりとしたテーブルや椅子、ソファがあるお部屋。上にも書いたように、時差ボケだとディナーを楽しむことができず、ゆっくりとホテルで休みたい気持ちが強くなるんです。そんなとき、ホテルのお部屋にゆっくりできる空間があれば、ワインを飲んだり、お惣菜を買ってきてホテルで食べたりしながら、くつろぐ事ができます。

 

私が時差ボケで眠気がピークに達した日の夜。ホテルでお惣菜を食べて、デザートの前に1時間ほど仮眠を取ったあと、また起きてデザートを楽しむ、というだらしないくつろぎ方をしたら、すごく気分が良くなりました。

 

それと、良いホテルはコンシェルジュにもなってくれる事もメリット。

例えば少し足を伸ばして郊外へ行く時。帰りのタクシーが捕まらなくて困ったらどうしますか?トボトボ歩いて帰ることもできませんし、流しのタクシーもありません。そんな時はホテルに電話をして、自分の代わりにタクシーを呼んでもらうことができます。インターネットでタクシー会社を探すよりも早いし、そもそも外国人である私たちが、どのタクシー会社が安心かも判断できないのですから、ホテルが選んでくれたタクシーならより安心だと思うんです。外国では困った事があったら頼りにできるところってほとんどない中で、ホテルを味方につけるって賢い選択だと思いませんか?


それではお気をつけて旅を楽しんで来てください〜!Bon voyage!

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存