フランスLOVEな私の旅・グルメ日記

フランス好きの管理人が、旅行した場所やグルメに関して情報発信を行っています。


デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・ゴールド・カードの費用対効果を考えてみた

f:id:claireblog:20190305224055j:plain


高額なクレジットカードの会費…ちゃんと元は取れているんだろうか・・・?

ケチな一般庶民なら誰でもふと頭をよぎった事があるのではないでしょうか?私はいつも考えちゃいます(←ごめんなさい、言い過ぎました。「いつも」ではなくて「時々」です)

 

そこで、今日はデルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・ゴールド・カードを使って半年の私が、カードの費用対効果=コストパフォーマンス=通称コスパについて考えてみました。

 

 

1)成田空港のスカイラウンジ

成田空港にあるデルタ航空のラウンジ「スカイラウンジ」は、費用対効果を考える上でとても簡単です。会員が同伴者を連れて入る際のチャージが59ドルと明確に決まっているから。

59ドル=6,712円(2018年11月28日現在のレート)仮に自分と同伴者の二人分がコレだけの料金かかると仮定すると、13,424円かかることになります。

 

スカイラウンジ初体験レポートもありますので、気になる方は読んでみてくださいね。 

www.clair.fun

 

2)シャルル・ド・ゴール空港のエールフランスラウンジ

こちらは入場料一人50ユーロ。日本円で6,426円。二名で12,852円です。

 

ラウンジ内はこのような感じ⬇︎

Air France Lounge CDG

 

シャルル・ド・ゴール空港のエールフランスラウンジのすごい点は、クラランスのエステを無料で受けられるところ!!前回やり忘れてしまったので、次回は絶対にやってもらうんだ~!

さらにシャンパーニュが飲み放題!しかもドゥーツがこんなに!!!なんという贅沢・・・。

Air France Lounge CDG

 

もちろん食べ物もありますよ❤︎

Air France Lounge CDG

 

3)エールフランスの座席指定料が無料になる

私は前回の旅行では、エールフランスでフランスまで行きました。エールフランスは、国際線エコノミークラスの座席指定は基本的には有料です。

日本~フランスのような長距離路線は、一番安いスタンダードシートで30ユーロ。日本円で3,856円です。ちょっと微妙に高いですよね・・・さらに、非常口近くの足元が広いシートとか、二人掛けのシートとか、エコノミークラスで一番前のシートを選ぼうとすると、もう少し高額な料金がかかります。

  

しかしデルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・ゴールド・カードを所有し、ゴールドメダリオン資格を持っていると、スタンダードシートは無料になります。すごいマジックですよね??

 

さっそくですが種明かしをしますと…

エールフランスのマイレージプログラムであるフライング・ブルーの上級会員(シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員)はスタンダードシートの座席指定が無料。ついでに同伴者も無料。

エールフランスは、加盟しているスカイチームの上級会員は全て同等に扱う。

よって同じスカイチームのデルタ航空の上級会員であるゴールドメダリオンも座席指定無料。同伴者も同様に無料。

 

ちなみにスタンダードシート以外は、通常料金の半額になります。

 

往復分が無料なので、3,856円×2=7,712円が浮きました。しかも帰りは友人の分も隣の席を指定しておいてくれたので、実質3,856円×3=11,568円です。



結果発表

カード年会費=26,000円+消費税  に対し、

無料で受けられるサービスの対価:13,424円+12,852円+11,568円=37,844円

 

年会費よりも1万円以上もお得!!という驚愕の結果が出ました!!そもそも往復でラウンジ使うだけで元が取れてるし。