フランスLOVEな私の旅・グルメ日記

フランス好きの管理人が、旅行した場所やグルメに関して情報発信を行っています。


【フランス】私のフランス語習得方法

f:id:claireblog:20181202185433j:plain

 

フランスで英語は通じる?

残念ながら、フランスでは英語はあまり通じません。「フランス人は意地悪でプライドが高いから、英語はわかるのに話さない」という人もいますが、フランスで意地悪をされたことはないです。ただ純粋にフランス語しか通じないだけって感じます。

(アジアの某国では、おばさんに「この国から出て行け!」と怒鳴られたり、免税店でパスポートを渡したら、写真を見て店員同士でクスクス笑ったり、そういう意地悪は受けたことあります…トラウマ)

 

日本だと、外国人が英語で話しかけて くると「Sorry, I don't understand English.」と言って逃げる人もいますよね。フランスだと英語はよく分からないけど、とりあえずフランス語で答えてあげよう、って人が多いんじゃないかな?と思うのです。これはフランス語習得仲間も全会一致でした。

私たちが出した結論:フランス人は日本人と同じくらい英語が分からない!

 

フランス語が話せるメリット

私はフランスがすごく好き。しかし初めてフランスに行った当時は、フランス語は分からなくて、全然コミュニケーションが取れなかったのが悔しかったんです。

それで、フランス語を習得しました。習得方法は後ほどお伝えするとして…。

 

フランスでは、私のような思いっきりアジア人かつ観光客がフランス語で話すととても喜ばれます。いや、別にフランス人を喜ばせたい訳ではないのですが…現地の人と関わったり話したりできる事は旅行の醍醐味だと思うのです。少しのことでも、その国の文化に触れられるような気がするし、その体験が自分の人生の糧になる。

 

パリのモノプリで、レジを担当してくれた若い男性は、日本はとてもカッコいいから大好きで、今度日本に行くんだ!と話してくれました。

 

ストラスブールに行った時、公園でおばあさんが話しかけて来て「どうしてわざわざこんな所に来るの?パリは素晴らしい場所だけど、こんな田舎じゃ何もないじゃない?」と聞いてきました。私からすれば、フランスとドイツに挟まれ独自の文化を形成するアルザスは、建物がとても特徴的だし、コルマール(下の写真)とかカイゼルスベルグなんて本当に可愛らしい村❤︎ おばあさんにもそんな風に答えましたが「そう〜??」って顔してました(笑)

f:id:claireblog:20181202192553j:plain

 

私のフランス語習得方法

私がフランス語の勉強を始めた当時は、田舎に住んでいて近くに語学学校はありませんでした。ちょっと昔だったのでYoutubeもないし、そもそもインターネットコンテンツは今ほど充実していなかったんですね。

 

そんな中、申し込んだのがECCのオンラインレッスンでした。 なぜECCオンラインレッスンを選んだか、理由を一つずつ挙げますよ。

 

実績と信頼のECCの教育カリキュラム

実は私、小学生の頃にECCジュニアで英会話を習ってた事がありまして、ECCの教育カリキュラムが良かったんだと思いますが、その後、留学経験もないのに英語が大得意という人生を歩んで来ています。

私にとって、ECCの教育カリキュラムはすでに実績があり、信頼のおけるものだったのです。

 

語学でもなんでもそうですが、物事を習得するには守破離という段階が必要です。先生の指導=型を「守る」ところから始めます。その後その型を研究し、自分に合った、より良い型を作ることで既存の型を「破り」ます。最後に先生の指導=型を「離れ」て自立します。

ECCのカリキュラムは、会話のセリフが上述の基本となる型となります。教科書に掲載されている会話のセリフをそのまま覚えれば、実際の会話でも使えるように作られています。レッスンではセリフをスムーズに言えるまで、何度も繰り返し練習します。

 

ECCオンラインレッスンの様子がYoutubeにあったので共有しますね。

 

レッスンでは会話を何度も繰り返して叩き込まれるので、レッスンが終わる頃にはそのセリフだけはペラペラになります。こうして1回1回のレッスンを積み上げることで、徐々に色々なセリフを言えるようになっていくのです。

 

講師がバイリンガル

フランス語は白紙からのスタートだったので、日本語も分かる講師が教えてくれるというのは絶対条件でした。文法や単語の意味、さらに発音のコツなど、あらゆる場面で日本語の解説は必須です。さらに、分からない点を質問することもできないので、レッスン内容についていけなくなってしまいます。

ECCオンラインレッスンでは、講師がバイリンガルでしたので、その点は全く心配なかったです。

例えば「私は」を表す「Je」という単語。英語で言えば「I」です。超頻出単語ですよね?この「Je」という単語、実は発音が結構難しいのです。日本語の「ジュ」ではなくもっと柔らかく発音する…らしいのですが、こういう事もECCオンラインレッスンで教わりました。もちろん、日本語で。フランス語でベラベラと説明されても、絶対分からなかったです。

 

オンライン学習

例えば電車で30分、片道300円の電車賃の場所に語学学校があったとしたら、その時間とお金って、まったく意味のないコストですよね。

田舎で近くに語学学校がなかったと言っても、電車で30分も行けばさすがにいくつかありました。それでも、時間とお金がもったいないと感じたので、オンライン学習を選んだのです。

Skypeではない専用のシステムとマイクヘッドフォンを使うので、音声が途切れたり接続が悪かったりはせず、また周りの音も気にならなかったです。高音質で語学学習ができたのは良かったです。

 

1対1のマンツーマンレッスン

グループレッスンで、他の生徒さんが発言しているのを待っている時間ほど無駄なものはありません!その生徒さんがあんまり頭が良くなくて、質問を理解していなかった時なんてホント最悪…。私の時間とレッスン料、返して!って思っちゃいます。

ECCオンラインレッスンはオンラインなのでECC側で固定費(主に教室の賃貸料)が抑えられているんだと思います。ハイレベルな講師陣によるマンツーマンレッスンが月2回で8,200円〜受けられるのはすごく安いです。

同レベルでのマンツーマンレッスンを受けようとしたら、1回10,000円が相場ではないでしょうか。

最近は、カフェでマンツーマンレッスンしてくれる先生もいますし、私も受けたことはありますが、初心者向けではないです。細かい文法の説明はないし、教材も自分で選ばないとならないし…外国人向けのフランス語教材を選んだのに、一緒に文を読んで、先生が音読してくれて、私も1回読んでみて、文章の内容を理解したら「はい、終わり。次」って感じ。上達してる感がまるでない…。フランス人と楽しくおしゃべりしてるだけ?って感じたので、やめちゃいました。

 

私が習っていた当時は、「入門編」「基礎編」だけで「中級編」「上級編」はなかった気がします。久しぶりにECCオンラインレッスンのウェブサイトを見ましたが、当時と大きくは変わっていなかったようなので、オススメします&バナーを貼っておきます。

 

ECCオンラインレッスン

 

 

ECCの次にしたこと

 

ECCオンラインレッスンは守破離の「守」でした。私が次にしたことはとにかく単語をたくさん覚えること。ECCオンラインレッスンで学んだセリフの単語を入れ替えるだけで、文章を無限に作れるんです。

 

例えば「私は頭が痛い」の「頭」を「お腹」に変えれば「私はお腹が痛い」になります。体の部位を覚えれば、体の不調を伝えられるようになります。

 

 

次の目標

その後は上述の通り、カフェでマンツーマンレッスンを受けたり、パリへ短期語学留学をしたりしましたが、しばらくフランス語から離れていたため、単語も文法もかなり忘れてしまいました…。

将来はフランス語で仕事できるくらい話せるようになりたい!そのためには久しぶりにフランス語検定とか受けちゃいたいな〜なんて考え中です。