アラフォー×おひとりさま。ちょっと贅沢なオトナLifeを夢見て…

仕事も趣味も、好きなものだけに全力で向き合いたい!そんな“ちょっと贅沢”生活を目指す幸福追求型ブログ


花粉症のマスト・バイ・アイテム!?アロマ鼻スプレーで気分爽快!

f:id:claireblog:20190402221115j:plain


「パリのマツキヨ」として有名なシティファルマ(Citypharma)で、こんなアロマ鼻スプレーを購入しました。

 

Phytosun aroma

 

ちなみにシティファルマに行ったお話はこちらの記事です。

 

www.clair.fun

 

フィトサンアローム(Phytosun aroms)というブランドの鼻スプレーです。

 

春も秋も花粉症で鼻炎に悩まされている友人が、旅行が決まった瞬間から「パリに行ったらコレをリピート買いする!」と意気込んでいた商品です。特に風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎の鼻づまりの症状の治療に使用されるのだそう。


冬に風邪を引いたり、春に軽い花粉症になったりするので、私も試しに買ってみることにしました。


相変わらずシティファルマ(Citypharma)での購入金額が定かではなく申し訳ないのですが、20ml入りで10ユーロ前後だったと思います。こちらの商品は階段を昇って2階にあるアロマ関連グッズ売り場で取り扱っています。

 

商品の形状はこんな感じ。

Phytosun aroma


この商品の特徴なんといってもナチュラルなところ。日本の薬局でよく見かける鼻スプレーと成分が全然違います。

 

日本の普通の鼻スプレーの成分例

ナファゾリン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ベンゼトニウム塩化物、リドカイン、パラベン、エタノール、pH調節剤、グリセリン、メントール 

 

フィトサンアローム鼻スプレーの成分

22%の高張海水、ミネラル塩、エッセンシャルオイル(ユーカリプタス、ニアウリ、野生のミント)

 

なんか聞き慣れない言葉が出てきました・・・。


「高張海水」とは何ぞや?

と言う事で調べてみたところ、浸透圧に関係のある言葉でした。ここでは原理まではご説明しませんが、高張性は浸透圧が大きく、溶け込んでいる有効成分が体の細胞に入り込みやすいのだそう。日本だと「高張性」は温泉でよく見る言葉です。高張性の温泉は、有効成分がグングンと体の細胞に入っていく温泉なのです。


しかもこの鼻スプレーはミネラル豊富な活きた海水を使用しているので、体内に活力を与え、不足しているミネラルを補ってくれるのです。


使い方はいたって簡単。お鼻の穴にノズルを入れて、プシュっとスプレーするだけ。1日6回使用です。


何度か試してみたのですが、アロマの自然な香りが鼻孔の中に広がって、とても清々しい気分になります。痛みや不快感は全然ありません。ただ、お鼻の中に行き渡らなかった成分が、鼻からちょっと出て来たりします・・・。これはしかたないか。

 

日本国内ではこちらの鼻スプレーの取り扱いはないようなので、フランス語のURLを貼っておきますね!

www.phytosunaroms.com