アラフォー独女。好きなことだけで生きるって決めました

長女気質のアラフォーおひとりさま。嫌なことを押し付けられる人生を脱却し、好きなことだけで生きる為の幸福追求型ブログ。


老後にはいくら必要なのか?(独身女性・子なし・会社員の場合)

f:id:claireblog:20190506132118j:plain

もうすぐ40代に突入するワタクシ。独身だし、子供もいないんだから、そろそろ老後のことを真剣に考えておかないとなりません。そんなお年頃です。

引きこもりがちなGWに、将来のことを少し考えてみました。

 

年金はいくらもらえるのか?

手っ取り早くウェブで検索したところ、こんな文面が溢れていました。 

平均支給月額は「男性17万円」「女性11万円」

へ?なんで女ってだけで6万円も少ないの??そんな男女差別ある?ないでしょ!?と思いましたが、冷静に考えて、女性の中には専業主婦もいれば、出産・育児で働いていない期間のある女性もいるし、さらにパートタイムで収入を抑えて働いている女性もいるわけです。

 

かたや、私のように大学卒業してからずーっと会社員を続けている女性もいるわけで、こういう場合、男性と比べて多少収入が少なかったとしても、年金で6万円も差がつくのはおかしいはずだと思ったわけです。

 

それでは「私は」どのくらい受給できるのでしょうか?

 

自分の受給予定額を知る

本来なら、日本年金機構が運営するねんきんネットで調べるのが一番なのでしょうが、「連休はゆっくり老後について考えたいな〜」というような連休に限って、ねんきんネットはメンテナンスが入って使えなくなります。

www.nenkin.go.jp

 

 そこで、今回は三井住友銀行が提供している年金シミュレーションを使って調べました。試算する際は日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」があると便利です。

www.smbc.co.jp

 

結果は月額13万7千円となりました!11万円越えですが予想以上に少ない…これから稼いでいかないとダメだこりゃ。

f:id:claireblog:20190506123847p:plain

 

一般的な支出額を知る 

入ってくるお金は分かりました。では、出て行くお金=支出はどうでしょうか? 

総務省の2017年家計調査によれば、単身世帯の1ヶ月の支出額は161,623円です

<内訳>

食料 39,649円
住居 20,680円
水道・光熱 11,380円
家具・家事用品 5,044円
被服及び履物 5,661円
保険医療 7,044円
交通・通信 18,825円
教育 7円
教養娯楽 18,433円
その他(理美容、交際費など) 34,900円

www.e-stat.go.jp

もちろん個人差があると思うので、この支出額より少なくても生活できる人もいますし、逆にこれじゃ全然足りない!という人もいるでしょう。

老後は旅行を楽しみたい♪とか考えていたら、支出額は大きくなるかもしれません。あとは賃貸住居に住み続ける場合は、家賃のことも考えておかないとなりませんね。

年金生活中の父親を見る限り、年がら年中「今日は葬式だ」と言っているような気がするので、そういった交際費もバカにならないようにも思います。

 

今回は、贅沢はしないけれど余裕を持った計算をしておきたいので、端数を切り捨てた16万1千円で計算してみます。

 

必要なのは収入ー支出の差額分

それでは計算します。

収入137,000 ー 支出161,000円=▲24,000円 

毎月24,000円の赤字ですね。

 

年金が貰えるのは、現時点では一応65歳なのでそこから計算します。(私の世代だと70歳に引き上げられるのではないかと憶測が飛び交っていて恐怖なのですが)

 

で、終わりをどこにするか?っていう問題ですが「人生100年時代」と言われているのですから、念の為に多めに見積もって100歳にしておきましょうか。女性の寿命は87歳と言われていますが、それより長く生きる可能性もありますし、好きな時にあの世に行けるわけでもないのです。足りないのは困りますが、多少余る分には困りません。

 

65歳から100歳までの35年間(長い!!!)毎月発生する24,000円の赤字をカバーするには…

 

老後に必要な金額はコレだ!

24,000×12×35=10,080,000円

約1000万円が必要です。

あら?これなら何とかなりそう❤︎

 

でも問題は定年の60歳から年金受給の年齢(65歳か70歳か…)までの暗黒の5〜10年の収入です。働けば良いのかもしれないけど、自分の身の回りの60代の方々を見る限り、記憶力がだいぶ衰えているし、柔軟性に欠けているようにも感じます。

自分もあのようになるのでしょうから、60代での収入源をどのように確保すれば良いかは、早めに考えておいた方が良さそうですね。

年金受給の試算なんかより、そちらの方が大問題だったりするので、今日はとりあえずこの辺で失礼いたします。