稼いで飲んで旅をする

アラフォー独身女性(一人暮らし)が綴る貯蓄、投資、ワイン、旅行の話


テレビで話題の【鳳占やかた】で仕事運を占って頂いた

テレビでも紹介されたことがある(らしい)鳳占やかたへ行きました。

www.hou-uranai.com

 

きっかけ

私が一番占って欲しかったのは仕事運。前職の前はやりがいを見出せない仕事、前職ではやりがいはあったけど大変なブラック企業、そして現職では上司が辞めてしまい、仕事がなくなってしまうという、あまり仕事運に恵まれていない私。

 

次の仕事まで時間があるので、占っていただくことにしました。それをもとに次の仕事を決めようかな、と思ったのです。もうここまで来ると、自分の選択なんてアテにならないと思ってますから(汗)

 

それで、インターネットで当たると評判の、鳳占やかたさんに行くことにしたのです。私が選んだメニューは算命学。こちらのメニューは3,000円で、算命学だけでなく手相占いもしてくれます。

 

横浜中華街は少し遠いので、私は新宿にあるお店に行きました。

 

Urania

Urania

手相占い

アテにしていなかった訳ではありませんが、本命は算命学だったので、おまけ程度にしか考えていなかった手相占い。しっかし、これがすごい当たりました!!!

 

1年単位で細かく見ていただき、「去年はこんな感じでした。29歳の時はこうで、25歳まではこうでした。今年はこう出ていますが、どうでしょうか?来年はこうなりますよ」という感じで教えていただきました。

 

仕事運を聞きたかったので、その辺りもしっかりと教えてくださいましたが、そのほかにも、基本的な性格、結婚運や家族との関係、金運なども教えていただきました。

 

私はクリエイティブな仕事が向いているようで、事務職は合わないのだそう。

これ、自分でも薄々感じていました。書類を毎日同じ流れで片付けていく仕事に、何度も発狂しそうになったことがあります。反対に、同じ事務のお仕事でもパワーポイントを作ったり、ホームページやSNSを更新したりするのはすごく好きだし、得意です。趣味を仕事に変えることが得意なタイプなのだそう。残念ながら今のところはその兆候がありませんが…。

 

また、周りを引っ張っていく、リードして行くようなお仕事に向いているそうです。

あ〜分かる!確かに前職では小規模な会社で、みんなのリーダー気取りで働いていました。一応、周りの皆様もこんな私に付いて来てくれて、私が辞める時にはみんなも辞めてしまいました(笑)

 

算命学

手相占いの次はいよいよ大本命の算命学です。

実は私、こちらの算命学の本を持っているほど算命学を「信仰」しています。

 それでも、これまで知らなかった事をたくさん教えていただきました。

 

私、今の会社で散々な目にあって来たのですが、入社時期が天中殺だったのです!そして2018年と2019年と年の天中殺だったため、ほとんど活躍することなく、会社を追い出されることになってしまったのだとか…。

www.clair.fun

天中殺の期間は新しいことはNGなのだそう。例えば、結婚、転職、引っ越し…。こういうのをやってしまうと、結局すぐにダメになってしまったり、うまくいかないのだそう。

まさにそれ!

 

ちなみにご自身の天中殺は、こちらのサイトで調べられますよ♪気になる人はぜひ❤︎

madamefigaro.jp

 

ということで、2020年2月4日を過ぎてから、次の仕事を見つけた方が良いとご助言いただきました。あと半年以上ありますが、失業保険で乗り切るつもりです。

ちなみに天中殺の時期は、勉強をするのはオススメなのだそう。

 

それと、算命学によれば私は食べることが好きな人なのだそうです。これまで培って来た経験に、食に関連することも組み合わせても良い。ともご助言もいただきました。

 

まとめ

今までなんとなく気づいていたけれど、それが本当にそうなのか不安だったことが、自分の得意分野だと確信を得られたような気がします。10年前に出会っていたかった(笑)

手相で占っていただいたクリエイティブなことや、算命学で占っていただいた食に関することなど、何かこの辺で、これまでの経歴とうまく調和できる技術を勉強したいな、と考え中です。